トップページ

ただいま シニア演劇 稽古中!
 7月18日>暑中お見舞い申し上げます。
 例年、本公演となる舞台が幕を閉じると「お芝居トライ講座」を開催し、新たに劇団員を募集していますが、今回は嬉しいことに少し事情が異なるようです。。。

先般の第4回公演「私は今日まで生きてきました」が好評だった所為かどうか定かではありませんが、今回は大勢の体験希望者にお集まり頂きました。既に団員入りされた方々もおり現在、団員数は30名近くになりナント、男性劇団員の数が2桁を超えました。

という訳で今回、取り組んでいる稽古演目は数種類あります。劇団員が増えたこともあり、演目毎にグループ単位に分け「わいわいがやがや」とても賑やかに、楽しみながら稽古をしています。

 今回は、朗読芝居を主とした藤沢周平著の短編時代ものから、落語小噺なども織り交ぜ、シニア演劇に相応しい作品群を取り上げて参ります。

 このミニ公演は本年11月 (日時未定) に開催予定されています。お客様に楽しんで頂けるよう劇団員一同頑張っておりますので、どうぞお楽しみに。詳細な実施演目・日時が確定次第、あらためてこの場でお知らせいたします。

シニア劇団波瀾ばんばん座
シニアの青春始めましょう 2017
 千葉県市川市を主拠点とする60歳以上のシニア劇団「波瀾ばんばん座」が誕生し本年4月で6年目を迎えました。

当劇団は、さまざまな人生経験をお持ちのシニア世代の方々だからこそ表現できる作品を選び、心や体を大いに動かし、演劇を楽しんで頂きたいとスタートした60歳以上のシニア劇団です。

日々の稽古に励み、イキイキと舞台で演じる元気な姿は、観る人をはじめ同じシニア層の方々へ大きな感動を呼び起こし、勇気と希望を与え続けています。

 平成25年の旗揚げ公演は 「飢餓海峡」翌年第2回公演は「甘柿・しぶ柿・つるし柿」昨年2月は第3回公演「がめつい奴」と続き、本年4月には、劇団初のオリジナル作品となる「私は今日まで生きてきました」を堂々と上演しました。

また、落語芝居の出前公演や「藪の中」のミニ朗読公演も行っています。演出家・舞台スタッフら専門家の協力を得て毎回、本格的な舞台づくりを目指しています。

 あなたも是非、シニア劇団「波瀾ばんばん座」で活き活きとした毎日に挑戦してみませんか。
シニア劇団 波瀾ばんばん座 公演記録
クリックすると詳細な【公演作品一覧】へジャンプします。


お手数ですが、お名前・メール等をご記入願います。
個人情報は連絡目的のみに使用させて頂きます。

スマホからのお問い合わせ用 QR コード