トップページ

市川大野「稽古場」ご案内 >
ばんつぶ便り 2月23日(木曜日)
「春三番」到来!
 この日の午前中は、雨と風が混じった春の嵐でしたが、お昼を過ぎて漸くお日様が顔を覗かせました。一体、春何番まであるのでしょう? 確か3日前は「春二番」が吹いたばかりです。

で、その春二番が吹く前に、差し当たり桜 (河津桜) の花びらが6~7分咲き頃に、近所の行徳野鳥公園へ足を運んで来ました。

右の写真スライドショーにあるように、ピンク色の「河津桜」と真黄色な「菜の花」が、とっても眩しく感じられました。春は確実に近づいてますね。

 ぽかぽか陽気で気持ち良かったぁ~…ビールが欲しかったけど、我慢して見物と写真撮りだけにしました。そういえば、「私は今日まで生きてきました」本公演まで、残すところ今日で丁度2ヶ月前です。気合を入れて頑張りましょう!

舞台絵図を【稽古情報】へ掲載しました。

HP管理人:テリー

■全自由席 前売り 2,000円 (当日 2,500円)
■ネットからのチケット申し込み > こちら
■プレイガイド情報:こちら
■場所:市川市文化会館 小ホール
■お問い合わせ:☎ 090-6707-4800
シニアの青春 始めましょう 2017
 千葉県初!市川市を拠点とする60歳以上のシニア劇団「波瀾ばんばん座」が誕生し本年4月で6年目を迎えます。

当劇団は、さまざまな人生経験をお持ちのシニア世代の方々だからこそ表現できる作品を選び、心や体を大いに動かし、演劇を楽しんで頂きたいとスタートした劇団です。

日々の稽古に励み、イキイキと舞台で演じる元気な姿は、観る人をはじめ同じシニア層の方々へ大きな感動を呼び起こし、勇気と希望を与え続けています。

平成25年の旗揚げ公演は 「飢餓海峡」、翌年第2回公演は「甘柿・しぶ柿・つるし柿」、昨年2月には第3回公演「がめつい奴」を堂々と演じました。また、落語芝居の出前公演や「藪の中」のミニ朗読公演も行っています。演出家・舞台スタッフら専門家の協力を得て毎回、本格的な舞台づくりを目指しています。

あなたも、「波瀾ばんばん座」で活き活きとした毎日に挑戦してみませんか。

お手数ですが、お名前・メール等をご記入願います。
個人情報は連絡目的のみに使用させて頂きます。

スマホからのお問い合わせ用 QR コード